コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

影向 エイコウ

4件 の用語解説(影向の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えい‐こう〔‐カウ〕【影向】

ようごう(影向)」に同じ。

よう‐ごう〔ヤウガウ〕【向】

神仏が仮の姿をとって現れること。神仏の来臨。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ようごう【影向】

神または仏が現れること,また神仏が一時応現すること。この場合,神仏が仮の姿となって,この世に現れることを権現という。また姿を見せずに現れることもいう。神仏の影向は,中世の社寺縁起にしばしばみられ,それにちなんだ伝承地は各地に残されている。また,中世の絵画には,神仏の影向を具体的に描いたものが多くみられ,人々は,そのような神仏の具体的な姿を信仰の対象とした。【岡田 荘司】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えいこう【影向】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

影向の関連情報