コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高桐院 こうとういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高桐院
こうとういん

京都市北区にある臨済宗大徳寺塔頭。開山は,古渓の法を継ぎ大徳寺の 130世に数えられる玉甫紹そう (ぎょくほじょうそう) 。細川忠興が父幽斎の菩提を弔うために慶長7 (1602) 年または慶長年間に創建したもの。京都や大分に所管の寺院9ヵ所が存在したと天明7 (1787) 年の『禅宗済家大徳禅寺派下寺院牒』は伝える。所蔵する寺宝のなかでは,絹本墨画『山水図』 (李唐筆) が国宝に,絹本著色『稲葉良籌像』が重要文化財に指定されている。境内には細川忠興歯塔,興津弥五右衛門などの墓がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうとういん【高桐院】

京都市北区にある臨済宗大徳寺派の塔頭(たつちゆう)で,慶長年間(1596‐1615)細川忠興(号,三斎)が創建した細川家歴代の墓所。とりわけ忠興の墓碑は千利休が忠興に贈ったと伝える石灯籠で有名。建物では,鳳来,松向の2茶席の名が知られる。寺宝では,宋代の《山水図》(国宝)2幅,元初期ごろの伝銭選筆《牡丹図》2幅と大永6年(1526)古岳宗亘の賛のある《稲葉良籌像》が重要文化財となっている。今も三斎をしのんで訪れる茶人が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の高桐院の言及

【大徳寺】より

…伽藍の南にある竜源院の本堂(重要文化財)は大仙院本堂に次ぐ古さで,黄梅院の庫裏(1589,重要文化財)は年代の判明する禅宗塔頭庫裏では最古の遺構であり,また同時期の方丈(1588,重要文化財)とそろって残る例として珍しい。伽藍の西に所在する高桐(こうとう)院には《山水図》(南宋時代,国宝),竜光院には燿変天目茶碗(南宋時代,国宝),小堀遠州の設計になる四畳半台目茶室密庵(みつたん)(密庵席)をもった書院(江戸初期,国宝),孤篷(こほう)庵には古来より大名物として知られる井戸茶碗(銘喜左衛門。李朝時代,国宝),茶室忘筌(ぼうせん)(忘筌席。…

※「高桐院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高桐院の関連キーワード長谷川等伯出雲阿国松向軒

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android