コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山千春 まつやま ちはる

2件 の用語解説(松山千春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山千春 まつやま-ちはる

1955- 昭和後期-平成時代のシンガーソングライター。
昭和30年12月16日生まれ。昭和50年ニッポン放送「全国フォーク音楽祭北海道大会」出場をきっかけにラジオ出演。52年「旅立ち」でデビュー,53年「季節の中で」が大ヒットとなった。ほかに「長い夜」などのヒット曲がある。「オールナイト・ニッポン」などのトークでも若者の支持をえた。北海道出身。足寄(あしょろ)高卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

松山 千春


芸名
松山 千春

性別
男性

生年月日
1955/12/16

星座
いて座

干支
未年

血液型
O

出身地
北海道

デビュー年
1977

職種
音楽

好きなスポーツ
ゴルフ/バスケットボール

趣味・特技
グルフ/バスケットボール

プロフィール
『'75全国フォーク音楽祭』北海道大会に出場したことがきっかけとなり、1977年1月、『旅立ち』でデビュー。フォーク3世代として、ニューミュージック変革期の原動力となる活動ぶりが大いに評価される。ソングライターとしての才能もさることながら、その卓越した歌唱力とスケールの大きな人間性、強烈な個性で幅広い層に支持を受ける。特に、自らの活動のルーツが60年代後期の関西フォークであることを明言、数少ないメッセージシンガーとしての役割も大きい。年間約80本のコンサートを活動のベースに、新しい時代のフォークを提唱し続ける。『季節の中で』『恋』『長い夜』などのミリオンセラーのほか、数多くのヒット曲を持つ。

デビュー作
『旅立ち』

代表作品
『季節の中で』 / 『恋』 / 『長い夜』

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

松山千春の関連キーワード中小企業中南米映画鳩山一郎内閣鰐淵晴子スズライト SSトヨペットクラウンRS型ヤマハ 125 YA-1型必死の逃亡者春闘田川(市)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松山千春の関連情報