コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山原造 まつやま げんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山原造 まつやま-げんぞう

1875-1963 明治-昭和時代の発明家。
明治8年11月21日生まれ。長野県埴科(はにしな)郡の農会農事教師をつとめながら,おこした土を左右に反転できる鋼鉄製の双用犂(すき)を発明し,明治34年特許をえる。翌年和村に製作所を設立して生産をはじめた。のち工場を塩川村にうつし,松山犂製作所と改称。昭和38年12月3日死去。88歳。長野県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松山原造の関連キーワード昭和時代明治

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android