コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平大和守日記 まつだいらやまとのかみにっき

世界大百科事典 第2版の解説

まつだいらやまとのかみにっき【松平大和守日記】

江戸前期の大名の日記。松平大和守直矩(なおのり)が1658年(万治1)17歳から95年(元禄8)54歳で没するまで書き続けた生活記録。通称《大和守日記》《直矩日記》。内容は,公式行事,私生活にわたって詳しい。特に屋敷に芸能人を招いての観劇記録は,近世演劇研究の一等資料として,利用価値が高い。ほかに,頻出する鷹狩の記録,越後騒動に関する記事,野々口立甫(ののぐちりゆうほ)に関する記述など,近世文芸や歴史研究に資するところの多い貴重な資料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松平大和守日記の関連キーワードお夏/清十郎隅田川物碁盤人形薩摩浄雲北島検校松平直矩桐座

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android