コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越後騒動 えちごそうどう

6件 の用語解説(越後騒動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

越後騒動
えちごそうどう

江戸時代中期,越後高田藩松平家に起った御家騒動。藩主光長は江戸在府が長く,国政の実権は光長の妹婿家老小栗美作守,糸魚川城代荻田主馬らにあった。延宝2 (1674) 年光長の嫡子綱賢が死んだため,光長の弟永見長頼の遺子万徳丸がいったんは養嗣子となったが,荻田や光長の弟永見大蔵一派は,家老小栗が自分の子掃部を嗣子にしようとしていると称して対立し抗争に及んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

越後騒動【えちごそうどう】

1679年−1681年に越後高田藩松平家に起こった御家騒動。藩主松平光長の嫡子綱賢の死後,養嗣子をめぐって藩内は藩政を主導してきた家老小栗美作の一派と光長の異母弟永見大蔵らの反美作派に分かれて3年越しの争いが続いた。
→関連項目徳川綱吉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

越後騒動

山岡荘八の長編歴史小説。1967年刊行。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えちごそうどう【越後騒動】

1679‐81年(延宝7‐天和1)に越後高田藩松平家に起きた継嗣問題にからむ御家騒動。1674年正月松平光長の嗣子下野守綱賢が死んで子がなく,筆頭家老小栗美作は光長の異母弟市正(いちのかみ)の子万徳丸(15歳)を推して光長の承諾を得,将軍徳川家綱に謁して三河守綱国とした。市正の弟永見大蔵や家老荻田主馬らはこれをもって,美作がわが子掃部(かもん)大六を光長の嗣子にしようとしたが見込みがないので,少年万徳丸を立てて権力をほしいままにし主家を横領しようとするものと喧伝し,殿様のため(お為方)に美作(逆意方)を除こうと騒いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えちごそうどう【越後騒動】

嫡子の死により起こった越後高田藩のお家騒動。三年にわたる抗争は、1681年、五代将軍綱吉の親裁により両成敗、改易となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越後騒動
えちごそうどう

1679年(延宝7)~81年(天和1)、越後国(新潟県)高田藩の御家騒動。藩主松平越後守光長(えちごのかみみつなが)(忠直(ただなお)の子で2代将軍徳川秀忠(ひでただ)の外孫)は藩政を国家老に任せていたが、なかでも実権を握っていたのは光長の妹婿小栗美作正矩(おぐりみまさかまさのり)であった。これに対抗する家臣は、光長の弟永見大蔵長良(ながみおおくらながよし)を押し立て、家老荻田主馬(おぎたしゅめ)らを中心に結束し、小栗が奢侈(しゃし)で不忠者だと主張し、さらに、小栗の子掃部(かもん)を光長の養子にして主家を乗っ取ろうとしているとの噂(うわさ)を流した。1679年ついに反小栗派(お為方(ためかた)と自称し、相手を逆意方とよぶ)は武装して小栗邸に押し寄せたが、衝突は回避された。しかし幕府の知るところとなり、お為方の永見・荻田らが同年処罰された。これによってお為方はさらに憤激し、幕府に働きかけ、81年、前年5代将軍となった綱吉(つなよし)の異例の親裁となる。その結果、美作らが切腹、永見・荻田らが流罪となり、光長も家臣騒動を鎮められなかったことから所領26万石を没収された。光長は伊予松山藩預けとなったが6年後に赦(ゆる)され、その後98年(元禄11)光長の養子宣富(のぶとみ)が美作国(岡山県)津山藩10万石に封ぜられ、家を再興した。[上野秀治]
『『高田市史』全2巻(1958・高田市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の越後騒動の言及

【天和の治】より

…彼は前代の老中で彼の将軍就任を支持した堀田正俊を大老に取り立てるとともに寵臣を側近に集め,側用人の職を創置して側近の地位を老中同格にまで高め,将軍の意志を忠実に末端まで貫徹させうる機構を形成しようとした。これと並行して,前代に未解決であった越後高田藩の御家騒動(越後騒動)を親裁し,親藩筆頭の越後松平家を取りつぶしたのに引き続き,幕臣に対し仮借なく賞罰厳明の方策を励行した。そのため改易・減封処分を受けた大名は46家,旗本は100家余に達し,免職等の処罰もおびただしい数にのぼる。…

※「越後騒動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

越後騒動の関連キーワード壬生基起万里小路雅房柳原資行里村祖白江雲宗龍酒井忠胤相馬貞胤高木守久戸川安風徳川徳松

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone