コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平頼救 まつだいら よりすけ

1件 の用語解説(松平頼救の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼救 まつだいら-よりすけ

1756-1830 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦6年2月15日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩主徳川宗翰(むねもと)の6男。松平頼多(よりた)の娘婿となり,明和3年常陸宍戸(ししど)藩主松平(水戸)家5代。文学,書画をよくした。文政13年5月4日死去。75歳。字(あざな)は子徳。号は謙山。著作に「県(あがた)之曲」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平頼救の関連キーワードアメリカ美術竹田出雲(2代)ブラック民衆を導く自由の女神辻蘭室香水シャルル赤と黒お蔭参り七月革命

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone