コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村宗十郎 さわむら そうじゅうろう

7件 の用語解説(沢村宗十郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

沢村宗十郎

歌舞伎俳優。屋号紀伊国屋。五代・七代に号高賀あり。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さわむら‐そうじゅうろう〔さはむらソウジフラウ〕【沢村宗十郎】

歌舞伎俳優。屋号、紀伊国屋。代々和実(わじつ)の芸を得意とする。
(初世)[1685~1756]沢村長十郎の門弟。初め大坂で修業、のち江戸に下り、2世市川団十郎とともに享保期(1716~1736)の名優とうたわれた。
(3世)[1753~1801]2世の次男。初名、田之助。明和8年(1771)3世を襲名。和事(わごと)を得意とし、色事師の随一と称された。
(7世)[1875~1949]明治41年(1908)7世を襲名。古風な和事芸を演じ、女方をも兼ねた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

沢村宗十郎【さわむらそうじゅうろう】

歌舞伎俳優。江戸で代々和事(わごと)を得意とし,現在9世。屋号紀伊国屋。初世〔1685-1756〕は武士の出身。上方の芸風を江戸に取り入れ,2世市川團十郎とともに歌舞伎の興隆に努めた。
→関連項目沢村田之助並木五瓶

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村宗十郎 さわむら-そうじゅうろう

?-1749* 江戸時代中期の歌舞伎役者。
初代沢村宗十郎の門人。寛保(かんぽう)元年江戸にでて沢村春五郎の名で中村座の立役(たちやく)をつとめる。延享4年師が3代沢村長十郎をつぐと,沢村宗十郎とあらため,翌年惣十郎と改名。沢村宗十郎の代数にはかぞえない。寛延元年11月21/25日死去。京都出身。通称は遥波(ようは)宗十郎。俳名は遥波。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さわむらそうじゅうろう【沢村宗十郎】

歌舞伎俳優。沢村家系の本流。屋号は紀伊国屋。(1)初世(1685‐1756∥貞享2‐宝暦6) 前名は染山喜十郎,沢村善五郎,沢村惣十郎。1720年(享保5)11月に宗十郎を名のる。後名は3世沢村長十郎,初世助高屋高助。俳名訥子,高賀。京都の出身。1718年江戸へ下り,37年(元文2)に総巻軸となり江戸の大立者となる。47年(延享4)6月京都の中村粂太郎座での《大矢数四十七本》の大岸宮内で大当りをとり,のちの大星由良助役の原型となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さわむらそうじゅうろう【沢村宗十郎】

歌舞伎俳優。屋号は紀伊国屋。
(初世)(1685~1756) 京都の武家の出。初世沢村長十郎の門人。江戸に下って写実的演技により名優とされる。のち三世長十郎、初世助高屋高助を名乗る。
(三世)(1753~1801) 二世の次男。初名、田之助。寛政期(1789~1801)江戸随一の立役として活躍。和事を得意とした。
(五世)(1802~1853) 四世の門弟。江戸後期に活躍。のち訥升とつしよう。沢村家の和事をよくし、女形を兼ねた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沢村宗十郎
さわむらそうじゅうろう

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号は代々紀伊国屋(きのくにや)[服部幸雄]

初世

(1685―1756)武士の家に生まれたが、青年時代に俳優を志し、旅回りの端役(はやく)から出発。初め大坂で修業したが、のち江戸に下り、1718年(享保3)沢村宗十郎と改め、やがて江戸歌舞伎を代表する名優になる。のちに3世沢村長十郎、さらに初世助高屋高助(すけたかやたかすけ)と名を改めた。容姿に優れ、口跡(こうせき)はさわやかであった。上方(かみがた)の長所を取り入れて江戸風の欠点を補い、和事(わごと)・実事(じつごと)の演技に独自の芸風を築き上げた。人気抜群であった2世市川団十郎と並んで「両輪の名花」とたたえられた。[服部幸雄]

2世

(1713―70)初世の養子。若女方(わかおんながた)から立役(たちやく)に、さらに実悪(じつあく)に転じたが、実悪にもっとも優れた。風姿がよく、品格があった。[服部幸雄]

3世

(1753―1801)2世の次男。沢村田之助を名のり子役で名をあげ、立役に進んで1771年(明和8)3世を襲名。初世並木五瓶(ごへい)が彼のために多くの名作を書いたので、人気はいよいよ高まり、江戸立役の名優として重んじられた。容姿に優れて、和事が得意で、色事師の随一と称された。大星由良之助(ゆらのすけ)は古今無比と絶賛された。[服部幸雄]

4世

(1784―1812)3世の長男。初世尾上(おのえ)栄三郎(後の3世菊五郎)・7世市川団十郎と並び、江戸若手の三幅対(さんぶくつい)と称されて期待されたが、29歳の若さで病死した。[服部幸雄]

5世

(1802―53)4世の門弟。1844年(天保15)7月5世を襲名。後に5世沢村長十郎、3世助高屋高助を襲名した。容姿に優れ、品位があり、とくに家の芸である和事に技量を示した。[服部幸雄]

6世

(1838―86)5世の長男。2世沢村源平(げんぺい)、2世訥升(とっしょう)を経て、1879年(明治12)4世助高屋高助を襲名した明治の名優。この人は実際には沢村宗十郎を名のらなかったが、沢村家では6世に数えている。[服部幸雄]

7世

(1875―1949)4世助高屋高助の養子。1908年(明治41)7世を襲名。女方(おんながた)をも兼ね、江戸役者の伝統を継ぐ最後の和事師と称された。『太功記』の十次郎、『双蝶々(ふたつちょうちょう)』の与五郎、『吉田屋』の伊左衛門などを当り芸とし、女方では『矢口渡(やぐちのわたし)』のお舟、『妹背山(いもせやま)』のお三輪(みわ)などの娘役のほか、晩年には微妙(みみょう)・覚寿(かくじゅ)など老婆役の難役にも優れた味をみせた。当り役を集めた「高賀(こうが)十種」がある。[服部幸雄]

8世

(1908―75)7世の三男。一時、2世市川左団次の養子になって市川松莚(しょうえん)を名のったが、1933年(昭和8)実家に戻り、新宿の新歌舞伎座時代には4世訥升の名で立女方(たておやま)として活躍。53年(昭和28)8世を襲名。[服部幸雄]

9世

(1933―2001)8世の長男。本名沢村寿一。1976年(昭和51)5世沢村訥升から襲名。古風な狂言にとぼけた味の出せる貴重な俳優であり、立役・女方を兼ね、悪婆役にも意欲をみせる。毎年「宗十郎の会」を催していた。なお、弟に女方の2世沢村藤十郎(1943― )がいる。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone