松平頼縄(読み)まつだいら よりつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼縄 まつだいら-よりつぐ

1805-1884 江戸時代後期の大名。
文化2年3月29日生まれ。松平頼説(よりひさ)の長男。天保(てんぽう)4年常陸(ひたち)(茨城県)府中藩主松平(水戸)家9代となる。15年水戸藩主徳川斉昭(なりあき)に致仕・謹慎の幕命をつたえ,新藩主慶篤(よしあつ)の後見役となった。明治17年1月24日死去。80歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android