コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本了一郎 まつもと りょういちろう

2件 の用語解説(松本了一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本了一郎 まつもと-りょういちろう

1822-1865 江戸時代後期の武士。
文政5年生まれ。肥後(熊本県)人吉藩士。高島流砲術家で,西洋式の軍制導入を主張。山鹿流和風兵学派との対立がふかまり,藩主相良頼基(さがら-よりもと)の命をうけた新宮行蔵の一派によって,慶応元年9月26日殺された。44歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松本了一郎

没年:慶応1.9.26(1865.11.14)
生年:文政5(1822)
幕末の肥後人吉藩(熊本県)藩士。高島流砲術を学び,洋式での兵制改革を図る。尊王攘夷を主張する山鹿流和風兵学派からの,洋風派に対する一斉襲撃により殺害された。これにより斬殺された同志一党11名,その子4名,その妻1名,あわせて16名。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松本了一郎の関連キーワード安藤保之進逸山加須屋武義片山辰世高田亘平沢松柏治宮村田理介柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone