コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本樨柯 まつもと さいか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本樨柯 まつもと-さいか

1785-1840 江戸時代後期の俳人。
天明5年生まれ。江戸の医師。医名は元順。俳諧(はいかい)は大島蓼太(りょうた)門の山岸秋良にまなぶ。本草学に通じ,季題のうち動植物七十余題をえらび論じた「俳諧多識編」をあらわす。天保(てんぽう)11年2月21日死去。56歳。名は守雌。字(あざな)は天谿。別号に空然,東杵庵(とうしょあん)2代など。著作に「猿みのさかし」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松本樨柯の関連キーワード松本顧言樨柯俳人

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android