季題(読み)きだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

季題
きだい

連歌,俳諧俳句の用語。発句,俳句に詠み入れる節を示す言葉。季語,季季の詞四季の詞,四季の名,季の題などもだいたい同義。季題の語が広く使われだしたのは明治以後。連歌の発句に制作時の季節の言葉を詠み込むべきことは鎌倉時代初期以来漸次定まり,室町時代に確立され,俳諧にも踏襲された。発句,俳句に季題を必要とするのは上記の歴史的事情にもよるが,単に季節を示すだけでなく,17字詩形の不足を補い,俳句の内容を豊かにする働きがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

季題【きだい】

連歌,俳諧(はいかい)の発句中に,また近代俳句に用いてその句の季節を規定する働きをもつ語のこと。古くは季詞,季語といい,季題という語が用いられるようになったのは明治末年以後。季語が広く,付句に用いられる四季の句までを含むのに対し,季題は発句,俳句の季語のみを指すことが多い。→歳時記
→関連項目花鳥諷詠自由律

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きだい【季題】

連歌,俳諧や近代俳句で,句に詠みこむ季節感をもつ特定の語を,古くは〈四季の詞〉〈季の詞〉などといったが,明治末年以後,俳句に用いる四季の詞について,季題という語が用いられて一般化した。季語が広く連歌,俳諧の付句に用いる四季の詞までを含んで用いられるのに対して,俳句(発句)の季語を意味することが多い。早く和歌では勅撰集などで四季の部立が行われ,題詠の風も一般化し,季節の景物を詠むことが行われて,季節の詞が諷詠の題となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きだい【季題】

季語きご」に同じ。元来、発句の中に題として詠まれる季を示す語を季題といい、発句・連句を通じて用いられる季を表す語を季語とよんで区別していた。
(句会などで)俳句を作る詠題として出された季語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐だい【季題】

〘名〙 連歌、俳諧、俳句で、四季おりおりの季節感を表わすために、一句の中に詠(よ)みこむ題。また、それを表わすことば。季語。季。
※三千里〈河東碧梧桐〉明治四〇年(1907)一二月一〇日「春風といふ季題によって起す聯想の範囲は」
[補注]明治四〇年ころ、河東碧梧桐らの日本派の俳人によって用いられたのが最初といわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の季題の言及

【季語】より

…一定の季節と結びつけられて,連歌,俳諧,俳句で用いられる語を季語(または季題)という。少数の語の季語化は,《古今和歌集》以下の勅撰和歌集でなされていたが,季語化の意識が強くなったのは,四季の句をちりばめて成立する連歌においてである。…

【詩語】より

…また〈歌枕〉は名所として人々の憧憬を刺激する地名だが,地名をいうだけで人々の共同的想像力をかきたてえた点で,重要な詩的装置であり,古典的なpoetic dictionの好例といえるものであった。さらに重要なものとして,《万葉集》《古今和歌集》以後,連歌・俳諧の長い歴史的経過を通じ,きわめて精緻に体系化され,現代の俳句歳時記に集大成されている〈季題〉〈季語〉の一大宝庫がある。季題とは四季それぞれの歌を詠むに当たって,その季節を一語よく象徴しうるごとき題を詠題として立てた万葉や古今以来の分類法にもとづく用語である。…

※「季題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

季題の関連情報