コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒川良安 くろかわりょうあん

3件 の用語解説(黒川良安の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒川良安
くろかわりょうあん

[生]文化14(1817).2.6. 富山
[没]1890.9. 金沢
江戸時代末期の蘭方医。 P.シーボルトの弟子。名は弼,号は静淵。天保 11 (1840) 年,加賀藩に仕え,弘化3 (46) 年,藩主の侍医となり,次いで藩校壮猶館で蘭学および洋式兵法を教えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒川良安 くろかわ-りょうあん

1817-1890 江戸後期-明治時代の医師。
文化14年2月4日生まれ。長崎で吉雄(よしお)権之助にオランダ語を,シーボルトに医学をまなび,江戸にでて坪井信道に師事。のち加賀金沢藩医となり,藩校壮猶館教授,種痘所頭取,医学館総督医などを歴任した。明治23年9月28日死去。74歳。越中(富山県)出身。名は弼。号は静淵,自然。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒川良安
くろかわりょうあん
(1817―1890)

幕末維新期の蘭医(らんい)。越中(えっちゅう)国中新川(なかにいかわ)郡山加積(やまかづみ)村黒川(富山県中新川郡上市(かみいち)町)の医師黒川玄竜の子。名を弼、字(あざな)は良安。静海・自然と号す。1828年(文政11)父に従い、長崎に行き、吉雄権之助(よしおごんのすけ)(1785―1831)にオランダ語を、シーボルトに医学を学び、高島秋帆(しゅうはん)(1798―1866)とも交流をもった。1840年(天保11)帰郷、さらに江戸に出て坪井信道(しんどう)に入門、塾監となった。1844年堀内忠亮(素堂、1801―1854)・青木研蔵(1815―1870)とリセランA. B. Richerand(1779―1840)の『人身窮理書』を共訳(『医理学源』、未刊)し、致知格物は物に即して理を窮めるものであることを学びとった。のち信州松代(まつしろ)の佐久間象山の家に寄り、象山に漢学を学び、象山にオランダ学を教えた。同年加賀藩に仕え、1846年(弘化3)侍医。1854年(安政1)蘭学・洋式兵法を教える壮猶(そうゆう)館の創立にあたり翻訳方を兼務した。1857年江戸在勤、蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授手伝となり、杉田成卿(せいけい)、箕作阮甫(みつくりげんぽ)、川本幸民(こうみん)らとともに勤務した。1863年(文久3)藩軍艦御用兼務。1865年藩の種痘所頭取となり、1867年金沢に病院養生所を建て医学教授、1870年(明治3)藩医学館創設に参画、教授となった。『脈論』の訳述者津田淳三(1824―1879)の義兄である。明治23年9月没。[末中哲夫]
『日本学士院日本科学史刊行会編『明治前日本医学史5』(1957・日本学術振興会/複製増訂版・1978・日本古医学資料センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒川良安の関連キーワード伊佐幸琢(5代)岩松平吾小島文器下田吉蔭関直吉園美蔭武内半助武田行忠田中繍蝶角田文河

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone