松村 瞭(読み)マツムラ リョウ

20世紀日本人名事典の解説

松村 瞭
マツムラ リョウ

大正・昭和期の人類学者 東京帝大助教授。



生年
明治13(1880)年8月1日

没年
昭和11(1936)年5月21日

学歴〔年〕
東京帝大理科大学選科〔明治36年〕

学位〔年〕
理学博士(東京帝大)〔大正13年〕

経歴
植物学者・松村任三長男に生まれる。明治36年東京帝大嘱託となり、人類学教室に勤務。大正14年助教授となり、人類学講座を担当する。傍ら、太平洋学術会議委員、学術研究会議太平洋学術調査委員、東京人類学会総務幹事を務めた。専門は体質人類学であったが、民族学・考古学にも造詣が深く、著書に「人種名彙」、主な研究報告に「琉球荻堂貝塚」「世界人類実観」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる