コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦義 まつら よし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦義 まつら-よし

?-? 室町時代の武将。
将軍足利義教(よしのり)につかえる。嘉吉(かきつ)元年(1441)義教が赤松満祐(みつすけ)に殺されると,肥前平戸(長崎県)に寺をたててその霊をまつり,出家して天叟と号した。

松浦義 まつら-ただし

まつら-よし

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松浦義の関連情報