コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田二郎 まつだ じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田二郎 まつだ-じろう

1900-1988 大正-昭和時代の裁判官,法学者。
明治33年7月30日生まれ。東京地裁所長,大阪高裁長官などをへて,昭和39年最高裁判事となる。戦後の商法改正で中心的役割をはたし,東京地裁時代には交通,手形,特許の専門部を新設して裁判の迅速化をはかった。昭和63年4月3日死去。87歳。静岡県出身。東京帝大卒。著作に「株式会社の基礎理論」「会社更生法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松田二郎の関連キーワード昭和時代裁判官大正

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android