松花湖(読み)しょうかこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松花湖
しょうかこ / ソンホワフー

中国、吉林(きつりん/チーリン)省を流れる第二松花江を、吉林市南方24キロメートルでせき止めてつくった三つ叉(また)状の人造湖。上流は蛟河(こうが/チヤオホー)、樺甸(かでん/ホワティエン)の近くにまで達する。1937年、高さ80メートル、長さ1100メートルの重力ダムが着工され、総貯水量112億立方メートル、水没面積は545平方キロメートルに及ぶ。湖の完成は松花江上・下流部の耕地増加に貢献し、淡水魚の生産を飛躍的に増やした。11~4月の結氷期以外は各地の木材、鉱石の輸送に大きな役割を果たしている。湖水の出口にある発電能力62万キロワットの豊満(ほうまん)水力発電所は、吉林市を化学工業都市に変えた。

[浅井辰郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android