コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三つ叉/三つ股 ミツマタ

1件 の用語解説(三つ叉/三つ股の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みつ‐また【三つ×叉/三つ股】

川・道路・木の枝・器物などが、3本に分かれていること。また、そのところや部分。「―のソケット」
先端がY字形になった棒。物干しざおをかけたり、高い所の果実をとったりするのに用いる。さんまた。
(ふつう「三椏」「三叉」と書く)ジンチョウゲ科の落葉低木。高さ約2メートル。枝はすべて3本に分かれ、長楕円形の葉が互生する。晩秋につぼみをつけ、翌年春、葉の出る前に、筒形の黄色の小花が球状に集まって咲く。樹皮の繊維は強く、和紙の原料とする。中国の原産。 花=春》「―の花雪片の飛べる中/青邨

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三つ叉/三つ股の関連キーワード木口道路枯れ枝木の下露枝折る連理押型折枝しっぱり

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone