コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三つ叉/三つ股 ミツマタ

デジタル大辞泉の解説

みつ‐また【三つ×叉/三つ股】

川・道路・木の枝・器物などが、3本に分かれていること。また、そのところや部分。「―のソケット」
先端がY字形になった棒。物干しざおをかけたり、高い所の果実をとったりするのに用いる。さんまた。
(ふつう「三椏」「三叉」と書く)ジンチョウゲ科の落葉低木。高さ約2メートル。枝はすべて3本に分かれ、長楕円形の葉が互生する。晩秋につぼみをつけ、翌年春、葉の出る前に、筒形の黄色の小花が球状に集まって咲く。樹皮の繊維は強く、和紙の原料とする。中国の原産。 花=春》「―の花雪片の飛べる中/青邨

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

三つ叉/三つ股の関連キーワードトライデント松花湖突ん棒ウニ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android