松魚(かつお)つぶ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松魚つぶ
かつおつぶ

かつお節の姿を模した肉桂飴(にっけいあめ)。高知市の山西長栄堂が明治中ごろに創作。松魚つぶの「つぶ」は土佐方言で飴のことで、高知産の肉桂はとくに良質とされる。飴の姿があまりにも本物そっくりなので、「松魚つぶ鰹(かつお)と思いカンナあて」といった笑い話まで生まれた。いまは各地にみられる飴となった。水飴、砂糖、肉桂の油と樹皮を煮つめ、漉(こ)して、かつお節の木型に流し込んで固める。小槌(こづち)でたたき割って食する。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android