コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笑い話 ワライバナシ

デジタル大辞泉の解説

わらい‐ばなし〔わらひ‐〕【笑い話】

互いに笑いながら話すこと。また、そのような気軽な話。「今思えば笑い話だ」
こっけいな内容の短い話。笑話(しょうわ)。「気のきいた笑い話
昔話の一部門。愚か者やあわて者が失敗するおかしさや、はなはだしい誇張や空想を主題とするものなどがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

笑い話【わらいばなし】

聞き手を笑わせることを主眼とする動物昔話本格昔話とともに昔話の1ジャンルとされる。法外に大きく誇張した空想を語る大話吉四六(きっちょむ)や彦市話などの狡猾(こうかつ)者談,愚か村や愚か婿の失敗談など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わらいばなし【笑い話】

笑いを目的にする話。本格昔話,動物昔話とともに昔話の一ジャンルをなす。本格昔話や動物昔話は,そこに展開される筋や内容自体に目的があり,かつ存在理由がある。これに対し笑い話は笑いそのものに最終目標がある。笑いを得られない笑い話はすでに笑い話としては成立しない。ここに他の昔話に比較して,笑い話の特性が認められる。結果からして,笑い話はつねに内容と目的と機能とが一致していると称してよい。こうしたありようからしても,いったいに笑い話は信仰にかかわらない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わらいばなし【笑い話】

おかしさを感じさせる話。笑い出したくなる話。しょうわ。
深刻に受け止めず軽い気持ちで聞ける話。 「一座の-で済ませる」
極端な誇張や人・動物の愚行を主題とする話。昔話の一部門。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笑い話
わらいばなし

笑いをおこさせることを目的とした主題で構成されている説話の総称。本格昔話(狭義の昔話)や動物昔話とともに、昔話の三大分類の一つとされる。単純で思い付き的な洒落(しゃれ)も笑いを求める趣向であるが、それ自体は談話であり、説話ではない。その場面を第三者として報告すると説話になる。「一口話」あるいは「軽口話」がそれである。「笑い話」は、笑いの場面に発端と結末をつけて、説話の形態に整えている。「笑い話」の笑いの趣向は、登場人物の能力や性格の特徴から生まれる。それは人間だれでもがもっている一面を大きく誇張拡大したもので、多くの人の共感をよぶ。「笑い話」に登場するのは、どこにでもいそうでありながら、現実にはいないという、抽象化された人物像である。「笑い話」の笑いの明るさの本質はそこにある。「笑い話」の主題は、主人公の人物像の特徴から分類できる。第一に、知恵の特別な働きにより成功する利口者の話がある。その一つは、「見透(みとお)しの六平(ろくべい)」のように、積極的に他人をだまして利益を得る、ずる賢い人の話である。全体に類話が外国にもある類型が多い。馬の尻(しり)に金貨・銀貨を入れておき、金銀を生む馬だといって高く売る「金ひり馬」も、古くは『醒睡笑(せいすいしょう)』(1623)にみえ、朝鮮、中国、インドネシア、インドから、西アジアを経てヨーロッパに広く知られている。また、知恵を武器として相手をやりこめる頓智(とんち)話も多い。「金の茄子(なす)」や「和尚(おしょう)と小僧」はその典型である。この中間に、相手をだましてやりこめる、おどけ者話がある。薪(たきぎ)を買うといって狭い門を通らせ、折れて落ちた薪を集めて使う「薪を買う」など、ささやかな策略を主題にした笑い話で、この種の類話も、朝鮮、中国をはじめ、アジア、ヨーロッパにもある。ずる賢い人が失敗する話もある。また性的な話題を主題にした話も、おどけ者話の範疇(はんちゅう)に属するものが少なくない。
 第二に、愚か者が失敗する馬鹿(ばか)者話がある。その一つが、「馬鹿聟(むこ)」のような判断力の欠如による失敗である。動くもの、なくなるものを目印にする「犬の目印」「唾(つば)の目印」は、落語の「いらちの愛宕参(あたごまい)り」のほか、『醒睡笑』以下の江戸時代の咄本(はなしぼん)などにあり、中国では『呂氏(りょし)春秋』(前3世紀)に、船から川に剣を落とした人が船べりに印をつける話としてみえ、インドでは『カター・サリット・サーガラ』にある。類話はインド、インドネシアにあり、ヨーロッパにも多い。「旅学問」のような知識の欠如も、馬鹿者話の特色である。新製品に対する無知も、世界的にこの類型群の主題になっているが、古風なものには、鯛(たい)を畑に埋め、ウジがわくと芽が出たといって喜ぶ「鯛の芽」のように、物の本質に対する無知を笑う話がある。これも類話はアジア、ヨーロッパにある。性格的な欠陥も笑いの対象になる。「粗相惣兵衛(そそうそうべえ)」など、あわて者話は落語にも多い。怠け者話では「2人の不精者(ぶしょうもの)」がある。極端な不精者の話で、『鳥の町』(1776)などの咄本や落語の「不精の代参」があり、類話はやはりアジア、ヨーロッパに多い。
 第三に、空想的な誇張話がある。誇張のおもしろさを主題にしたのが「大話(おおばなし)」である。「源五郎の天昇り」や「鴨取権兵衛(かもとりごんべえ)」がその典型で、類話はアジア、ヨーロッパにある。ビュルガーによって文学的に完成された『ほらふき男爵の冒険』も、この種の「大話」に多くの素材を得ている。「鼠経(ねずみきょう)」などは偶然のおもしろさをねらっている。「笑い話」は「化け物話」とともに、「世間話」化しやすい。一群の馬鹿者話が実在の村の人の実話として語られる「愚か村話」は、日本には多い。ほぼ県に一か所程度のわりで分布する。東京都には「檜原者(ひのはらもん)話」がある。その伝統は古く、古代中国では、宋(そう)の人が馬鹿者として語られた。宋の人が、苗が早く伸びるように、苗を引っ張ったため枯れたという『孟子(もうし)』の話は、その一例である。ヨーロッパでもイギリスの「ゴーサムの人々」、デンマークの「モルボの馬鹿」などが知られている。また、利口者と馬鹿者を兼ねたおどけ者の話が、実在の人物の事跡として語られている例も多い。神奈川県の「七沢久助(ならさわきゅうすけ)」のように主人公が奉公人である場合と、沖縄県の「渡嘉敷親雲上(とかしきペークー)」のように殿様に仕える御伽(おとぎ)衆の類の人物である場合とに大別できる。神奈川県の「須賀(すか)の素頓狂(すっとんきょう)」は、「一口話」が日常生活に生きている珍しい「おどけ村話」の例である。文学では、個人を主人公にしたおどけ者話は、古くは平貞文(さだふみ)を描く『平中(へいちゅう)物語』(900年代後半)があり、本格的には、『一休咄(ばなし)』(1668)などの一休宗純の話や『曽呂利(そろり)狂歌咄』などの曽呂利新左衛門の話がある。似た例は朝鮮や中国にもあるが、とくにトルコの「ナスレッティン・ホジャ物語」は著名である。
 本格昔話にも笑いの要素は含まれている。「隣の爺(じじ)」型や「継子(ままこ)話」で悪い爺や実の娘がまねをして失敗するのは、馬鹿者話の型である。「一寸法師」の末尾が「隣の爺」型に変化している例があるように、本格昔話が「笑い話」化する傾向もある。しかし、日本の「笑い話」の諸類型の類話の展開からもわかるように、「笑い話」には独自の歴史があり、世界の諸民族に分布していて、古い人類文化の一つと考えられる。日本の文学でも笑いの要素は古い。平安初期の『土佐日記』『伊勢(いせ)物語』など物語文学にも、笑いを誘う描写が付加されている。平安後期の『今昔物語集』には、おかしみを主題にした説話がはっきりと現れ、それは後続の説話集に引き継がれている。口承の「笑い話」と同質の説話がまとまって登場するのは、無住(むじゅう)法師の『沙石(しゃせき)集』や『雑談(ぞうたん)集』あたりからである。このころ寺僧の説経の素材に用いられた「笑い話」などの昔話は、そのまま後世まで続いているものが多い。能狂言には、「笑い話」を対話劇として演出した形のものが少なくない。室町時代、貴人の話相手をする御伽衆などの職が栄え、広義の「笑い話」を多く含んだ咄の文学の発達を促した。『醒睡笑』をはじめ、江戸時代を通じて多数の咄本が生まれた背後には、咄を語ることを職業とする咄家の活動があった。後世の落語家はその末流である。また「平曲」を表芸とした琵琶(びわ)法師(通称座頭(ざとう))も、「笑い話」の語り手であった。昔話に座頭が登場するのは、座頭がその話の管理者であったからである。こうした職業的な語り手は、自ら笑われる立場になって、笑いを演じることも多かった。[小島瓔

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の笑い話の言及

【世間話】より

…土着の〈世間話〉とでも称せようか。それとともに,土地によっては新しい事物との遭遇,邂逅によって生じた〈笑い話〉もしばしば〈世間話〉としてとりざたされていた。電灯にはじめて接した村人が,これを吹き消そうとして汗を流したり,セッケンを知らずに食べて口から泡を吹いたり,電柱に登って頼信紙を結び付けた,といった類の話は文化の落差から広くに生じた一群の〈世間話〉であった。…

【昔話】より

…民間説話,あるいは口承文芸の一類。
【日本の昔話】
 冒頭に〈むかし〉とか〈むかしむかし〉という句を置いて語りはじめる口頭の伝承で,土地によってはムカシあるいはムカシコと称される。
[昔話の概念]
 昔話は伝説世間話とともに民間に行われる代表的な口頭伝承の一つである。これを始めるに際しては,必ず〈むかし〉とか〈むかしむかし〉の発語があり,またこれの完結に当たっては〈どっとはらい〉とか〈いっちご・さっけ〉あるいは〈しゃみしゃっきり〉といった類の特定の結語を置いた。…

※「笑い話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

笑い話の関連キーワード一口話・一口咄・一口噺文福茶釜・分福茶釜ウィンドウズ95ノンフィクション愚か聟・愚か婿見透しの六平宇治拾遺物語露の五郎兵衛上野英信さんファブリオー粗相惣兵衛サラクルー上野 英信咄本・噺本リュトブフ御成敗式目松魚つぶしょうわモーラム尻尾の釣

笑い話の関連情報