コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板室[温泉] いたむろ

世界大百科事典 第2版の解説

いたむろ【板室[温泉]】

栃木県北部,黒磯市板室にある温泉。那須岳の南西麓の那珂川上流の谷間に位置する。単純泉,37~46℃,加熱。11世紀の発見と伝えられ,那須七湯の一つとして知られる。温泉は共同浴場となり,太い綱につかまって入浴する風習がある。東北本線黒磯駅からバスが通じる。三斗小屋温泉へ登る途中,約4km北には沼原(ぬまつぱら)湿原があり,奥那須国民ノ森となっている。【谷沢 明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone