板引(読み)いたびき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 糊(のり)で硬化し、蝋(ろう)でつやを出した絹地の加工名。漆塗りの板に蝋を引き、糊をつけて絹や綾の類を張り、よく乾かして引きはがすこと。また、その絹。
※細流抄(1525‐34)一「夏もひねりかさねとてしたのかさねはいたびきなり」
② 底引き網で、網の口を開くために左右に開口板を付けて網を引く漁法。濫獲になりやすいので使用を禁止している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android