コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板振鎌束 いたふりの かまつか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板振鎌束 いたふりの-かまつか

?-? 奈良時代の官吏。
天平宝字(てんぴょうほうじ)7年(763)遣渤海(ぼっかい)使の船師として帰国途上,暴風にあう。原因が異国の婦女らの乗船にあるとして4人を海になげこみ,帰国後投獄される。孝謙天皇のとき笛譜「清瀬宮経」をつたえた板持(いたもちの)鎌束と同一人物か。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

板振鎌束の関連キーワード奈良時代天平宝字官吏