コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船師 ふなし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船師
ふなし

江戸時代の海上商人の総称。古く『続日本紀』にみえるのは船頭の意。江戸時代,回送運賃を収入とする船師と,商品を回送販売して利益を得る船師とがあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふな‐し【船師】

江戸時代から明治初期にかけて、廻船を所有して海運活動を行った商人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふなし【船師】

船頭。船長。
近世、廻船業者などの海上商人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

船師の関連キーワード阿倍比羅夫板振鎌束風浪宮遣唐使船長近世水軍

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android