コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枇杷葉 びわよう

1件 の用語解説(枇杷葉の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

びわよう【枇杷葉】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。バラ科ビワの葉を乾燥したもの。生のものを用いることもある。裏面の細かい毛は取る。鎮咳(ちんがい)去痰(きょたん)鎮吐(ちんと)健胃利尿などの作用がある。慢性鼻炎アレルギー性鼻炎蓄膿(ちくのう)症に効く辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)などに含まれる。また、浴用に用いると皮膚をつややかにする。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の枇杷葉の言及

【ビワ(枇杷)】より

…材は硬く,装飾用建材,つえ,木刀などに加工,利用される。【志村 勲】
[薬用]
 葉を枇杷葉という。サポニン,アミグダリン,ビタミンB1,タンニンなどを含み,他の生薬と配合して,鎮咳,去痰,健胃,鎮吐薬とする。…

※「枇杷葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

枇杷葉の関連キーワード漢方薬烏薬薬酒酒薬草根木皮草薬方薬和薬処方薬伝統薬

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

枇杷葉の関連情報