コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枇杷葉 びわよう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

びわよう【枇杷葉】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。バラ科ビワの葉を乾燥したもの。生のものを用いることもある。裏面の細かい毛は取る。鎮咳(ちんがい)去痰(きょたん)鎮吐(ちんと)健胃利尿などの作用がある。慢性鼻炎アレルギー性鼻炎蓄膿(ちくのう)症に効く辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)などに含まれる。また、浴用に用いると皮膚をつややかにする。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

世界大百科事典内の枇杷葉の言及

【ビワ(枇杷)】より

…材は硬く,装飾用建材,つえ,木刀などに加工,利用される。【志村 勲】
[薬用]
 葉を枇杷葉という。サポニン,アミグダリン,ビタミンB1,タンニンなどを含み,他の生薬と配合して,鎮咳,去痰,健胃,鎮吐薬とする。…

※「枇杷葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

枇杷葉の関連キーワード和中散代り目薬売り

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枇杷葉の関連情報