コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枕く/婚く/纏く マク

デジタル大辞泉の解説

ま・く【枕く/婚く/×纏く】

[動カ四]
枕にする。枕にして寝る。
「かくばかり恋ひつつあらずは高山の岩根(いはね)し―・きて死なましものを」〈・八六〉
《「まぐ」とも》女性と共寝する。抱いて寝る。また、妻とする。
「秋萩の妻を―・かむと」〈・一七六一〉

まくら・く【枕く】

[動カ四]《「まくら」の動詞化》枕とする。
「大伴の高師の浜の松が根を―・き寝(ぬ)れど家し偲(しの)はゆ」〈・六六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まくらく【枕く】

( 動四 )
〔「まくら(枕)」を動詞化したもの〕
枕にする。 「音こえ知らむ人の膝の上わが-・かむ/万葉集 810

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

枕く/婚く/纏くの関連キーワード万葉集高師秋萩共寝

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android