コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高師 コウシ

大辞林 第三版の解説

こうし【高師】

「高等師範学校」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高師
たかし

愛知県豊橋(とよはし)市の一地区。旧高師村。『和名抄(わみょうしょう)』には高蘆、のちに高足とも書かれ、平安時代以降歌枕(うたまくら)にもなった。梅田川河口の低湿地に位置し、旧陸軍演習地があったが、跡地は高師緑地公園となっている。豊橋鉄道渥美(あつみ)線高師駅があり、国道259号が通じる。高師小僧(県天然記念物・鉱物)が産出する。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高師の関連キーワード高師の山・高志の山阿部 八代太郎谷山 四方一岡倉 由三郎三宮米三郎嘉納治五郎加藤 仁平西村 万寿岡倉由三郎芦田恵之助松本金鶏城棚橋源太郎杉浦 卯三船田経政佐々醒雪丘浅次郎浜寺公園諸橋轍次加藤楸邨山極真衛

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高師の関連情報