コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林屋晴三 はやしや せいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林屋晴三 はやしや-せいぞう

1928- 昭和後期-平成時代の陶磁史研究家。
昭和3年7月25日生まれ。昭和23年国立博物館(現東京国立博物館)にはいり,工芸課長,資料部長をへて,63年次長。頴川(えがわ)美術館理事長,菊池寛実記念智美術館館長をつとめる。日本陶磁,とくに茶陶を専門とし,展示の企画や著作によって茶の湯の文化紹介につとめる。平成19年織部賞。京都出身。著作に「日本の陶磁」「高麗茶碗(こうらいちゃわん)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

林屋晴三の関連キーワード中里太郎右衛門本阿弥光悦加藤唐九郎板谷波山井戸茶碗光悦茶碗三輪休和金重陶陽九谷焼瀬戸焼丹波焼唐津焼志野焼伊賀焼長次郎高取焼常滑焼壺屋焼砥部焼茶碗

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林屋晴三の関連情報