林巨正(読み)りんきょせい(英語表記)(R)Im Kŏ‐jŏng(Kkŏk‐jŏng)

世界大百科事典 第2版の解説

りんきょせい【林巨正 (R)Im Kŏ‐jŏng(Kkŏk‐jŏng)】

?‐1562
朝鮮,李朝中期の民衆反乱の指導者。被差別民である白丁の出身。1559‐62年,中央貴族や政府の圧制に抗し,手工業者,小商人,農民を組織して反乱を起こした。反乱地域は黄海道を中心とし京畿・平安・江原各道にも及んだ。反乱は鎮圧されたが,勲旧派(李朝功臣の末裔)から士林派(新進の儒学派)への政権移行(1565)を促進した。義賊として語りつがれ,小説に洪命熹作《林巨正》(1939)がある。【矢沢 康祐】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android