コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林巨正 りんきょせい (R)Im Kŏ‐jŏng(Kkŏk‐jŏng)

1件 の用語解説(林巨正の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんきょせい【林巨正 (R)Im Kŏ‐jŏng(Kkŏk‐jŏng)】

?‐1562
朝鮮,李朝中期の民衆反乱の指導者。被差別民である白丁の出身。1559‐62年,中央貴族や政府の圧制に抗し,手工業者,小商人,農民を組織して反乱を起こした。反乱地域は黄海道を中心とし京畿・平安・江原各道にも及んだ。反乱は鎮圧されたが,勲旧派(李朝功臣の末裔)から士林派(新進の儒学派)への政権移行(1565)を促進した。義賊として語りつがれ,小説に洪命熹《林巨正》(1939)がある。【矢沢 康祐】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林巨正の関連キーワード三浦の乱スパルタクス甲午農民戦争李朝李朝実録呉広書堂陳勝民衆芸術ジャックストロー

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone