コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林巨正 りんきょせい(R)Im Kŏ‐jŏng(Kkŏk‐jŏng)

世界大百科事典 第2版の解説

りんきょせい【林巨正 (R)Im Kŏ‐jŏng(Kkŏk‐jŏng)】

?‐1562
朝鮮,李朝中期の民衆反乱の指導者。被差別民である白丁の出身。1559‐62年,中央貴族や政府の圧制に抗し,手工業者,小商人,農民を組織して反乱を起こした。反乱地域は黄海道を中心とし京畿・平安・江原各道にも及んだ。反乱は鎮圧されたが,勲旧派(李朝功臣の末裔)から士林派(新進の儒学派)への政権移行(1565)を促進した。義賊として語りつがれ,小説に洪命熹作《林巨正》(1939)がある。【矢沢 康祐】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

林巨正の関連キーワード朝鮮映画

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android