コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪命熹 こうめいき

世界大百科事典 第2版の解説

こうめいき【洪命熹 Hong Myŏng‐hǔi】

1888‐1968
朝鮮の独立運動家,作家。号は碧初。忠清南道生れ。1905年東京に留学したが,日韓併合時,錦山郡守であった父洪範植の自決により中国へ亡命,独立運動に加わり申采浩らと交友。帰国後,19年の三・一独立運動の際には故郷槐山でデモを指導した。20年代に一時社会主義思想に近づいたが,《東亜日報》主筆,《時代日報》社長,五山学校の校長などを歴任,左派民族主義の立場をとった。27年からの新幹会運動の中心となったが,29年検挙,投獄された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

洪命熹の関連キーワード三一独立運動ホンミョンヒ5月23日洪 錫中林巨正

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android