コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄海道 こうかいどうHwanghae‐do

1件 の用語解説(黄海道の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうかいどう【黄海道 Hwanghae‐do】

朝鮮半島中西部の地方。朝鮮八道の一つである。独立後,朝鮮民主主義人民共和国に属し,行政的には載寧江を境に,東を黄海北道(道都沙里院),西を黄海南道(道都海州)に分割されている。
[自然]
 北東から南西方向へ走る彦真,滅悪二つの山脈は北部こそ1000mほどの高さをもつが,大部分は500m以下の残丘性の山地を連ねている。山脈の北部には楽浪準平原に続く広い載寧江流域平野があり,南部にも京畿湾に沿って延白平野が展開している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄海道の関連情報