コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林政八書 りんせいはっしょ

1件 の用語解説(林政八書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんせいはっしょ【林政八書】

琉球政府が18世紀の中ごろに林業政策上だした7編の布令と,1869年(明治2)に森林官の職務怠慢を戒めるためにだした布令1編を加えたものをさしていう。18世紀の中ごろ琉球政府の最高責任者であった蔡温は,清や島津藩に対し発言権を高めるためには,経済復興が第1であるとし,その基本を林業振興においた。すなわち築城用材,大型船舶用材の確保に重点をおき,さらに住民の燃料,建築材の自給に努めた。その7編の布令は,森林造成の基礎となる森林立地の判定法,林相の判定法,あるいは各樹種の造林法などの技術指導書的なものと,各島々の木材生産計画の基本方針,森林官の服務規定,森林警察取締り,およびその罰則などの林業政策的なものとからなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林政八書の関連キーワード経済政策林業基本法琉球大学汎愛主義ダカーポアリア粉青沙器米占領下の奄美天野鉄夫比嘉秀平山川泰邦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone