コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林業用機械 りんぎょうようきかいforest machinery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林業用機械
りんぎょうようきかい
forest machinery

木材を伐採,搬出する作業,伐採跡地の造林,播種育成,維持管理などに使用される機械類。不便な山岳地で使用されることが多いので,できるだけ小型軽量,十分な出力をもち,じょうぶで故障の少いことが一般的条件とされる。産業用機械を転用したものが多く,運搬用のフォークリフト,トラッククレーン,巻上げ機チェーンコンベヤ,造林用の耕耘機,農耕用トラクタ,治山・林道工事用のブルドーザ,ショベルローダ,ロードローラ,管理連絡用の自動車,雪上車ヘリコプタなどが利用される。また林業専用機として開発されたものとして,伐木造林用の動力鋸,木材収穫機 (トラクタに動力鋸,枝払い装置などを装備したもの) ,丸太処理機械,集材用の集材機,積込み機,造林用の刈払い機,植穴掘り機,枝打ち機 (樹幹に沿って回転しながら登り,下枝を動力鋸で切断) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

林業用機械の関連キーワードフィンランド新ダイワ工業軽油引取税丸山製作所ハリコフアバカン共立

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android