コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治山 チサン

デジタル大辞泉の解説

ち‐さん【治山】

災害を防ぐために植林などをして山を整備すること。「治山治水」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちさん【治山】

森林を維持造成することによって,林業の生産基盤である林地を保全すると同時に,山崩れ,洪水などによって国土が受ける災害を未然に防止する行為。荒れている山に土木工事や造林で森林を仕立てて山地を安定させる復旧治山や,現在の森林を保育管理しながら山を荒らさないようにする予防治山がある。なお,そのほかに農耕地を風の害から守る防風林の造成や,海岸の飛砂や潮害を防ぐ飛砂防備林・防潮林などの海岸林の造成など平地や海岸でおこなう森林造成も治山に含めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちさん【治山】

植林などにより山を整備し、山から災害の原因をのぞくこと。 「 -治水」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

治山の関連情報