林檎綿虫(読み)りんごわたむし

精選版 日本国語大辞典「林檎綿虫」の解説

りんご‐わたむし【林檎綿虫】

〘名〙 カメムシ(半翅)目アブラムシ科の昆虫リンゴに寄生して液を吸う害虫。体長二~三ミリメートル。有翅型と無翅型がある。特に有翅型のものは腹部が大きく、暗赤色をし、多量の綿状の白物質で覆われる。北海道本州九州朝鮮半島全北区分布

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「林檎綿虫」の解説

りんご‐わたむし【林×檎綿虫】

ワタアブラムシ科の昆虫。リンゴの葉からを吸う害虫。体長2~3ミリ。有翅型のものは白い綿状の蝋(ろう)で覆われ、晩秋に飛ぶ。わたむし。ゆきむし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「林檎綿虫」の解説

林檎綿虫 (リンゴワタムシ)

学名Eriosoma lanigera
動物。ワタアブラムシ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android