コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林歌・臨河 りんが

大辞林 第三版の解説

りんが【林歌・臨河】

雅楽の一。舞楽にも管弦にも用いられる。右方に属する高麗平調こまひようじようの小曲で、同調唯一の現行曲。四人舞。唐楽の移調曲がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報