平調(読み)ヒョウジョウ

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐じょう〔ヒヤウデウ〕【平調】

日本音楽の十二律の一。基音壱越(いちこつ)より二律高い音で、中国の十二律の太簇(たいそう)、洋楽のホ音にあたる。
雅楽の六調子の一。1の音を主音とする旋法

へい‐ちょう〔‐テウ〕【平調】

おだやかな調子。いつもの調子。
「今夜の私の頭は―を失っている」〈森田草平煤煙
中国の三弦の調弦法の一。日本の三味線本調子にあたる。一の糸から合(ほう)・四(すい)・六(りゅう)の調子になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうぢょう【平調】

日本音楽の用語。十二律の一つ。基音である壱越いちこつ)の音から3律目の音で,洋楽のホ音とほぼ同じ高さの音。雅楽でこの音を主音とする調子を同じく調という。六調子の一つで律呂(りつりよ)のに属するとされる。十二律六調子【田辺 史郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうじょう【平調】

日本音楽の音名。十二律の三番目の音。中国の十二律の太簇たいそうに相当し、音高は洋楽のホ音にほぼ等しい。
雅楽の六調子の一。を基音とし、律旋音階に属する。

へいちょう【平調】

おだやかな調子。平常の調子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の平調の言及

【五声】より

…すなわち,ニ・ホ・ト・イ・ロという音程関係を宮・商・角・徴・羽にあてはめたもので,中国の徴調の五声に相当し,同じ形が後に律の五声と呼んだものにみられる。つまり唐俗楽二十八調中,日本に伝来した調の主音は,壱越(いちこつ)(ニ),平調(ひようぢよう)(ホ),双調(そうぢよう)(ト),黄鐘(おうしき)(イ),盤渉(ばんしき)(ロ)の五つであり,壱越は唐の古律の太簇(たいそう)であるが,俗律の黄鐘(こうしよう)とも考えられたので,日本ではこれを基準音とみなし,これを宮として以下4声を順次並べて徴調の五声音程の新五声(徴・羽・宮・商・角を宮・商・角・徴・羽と呼びかえたもの)を生じた。そののち鎌倉時代の声明家の間でしばしば論争が行われたが,結局,五声を説く場合,雅楽でも声明でも(りよ)は中国理論のままの宮調型五声,は徴調型の五声を述べるのがならわしとなった。…

【六調子】より

…6種とは,壱越(いちこつ)調(壱越が宮(きゆう)(五音(ごいん)の主音)。(りよ)),平調(ひようぢよう)(平調が宮。),双調(そうぢよう)(双調が宮。…

【楽譜】より

…五音略譜では〈宮〉の音高が不明なのでまずそれを規定する必要がある。さらに,平調(へいちよう)と界面調の旋法によって,〈宮〉―の間の音程が平調では長2度,界面調では短3度と互いに異なるので,その曲の旋法が不明であると,その音程を知ることができないという短所もある。世祖(在位1455‐68)のころ考案され,《世祖実録》《時用郷楽譜》(16世紀初),《大楽後譜》(1759)などに用いられたが,現在は実用されない。…

※「平調」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android