コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林霊素 りんれいそLín Líng sù

世界大百科事典 第2版の解説

りんれいそ【林霊素 Lín Líng sù】

?‐1119
中国,北宋末の道士。字は通叟,本名は霊噩(れいがく)。温州永嘉(浙江省)の人。初め僧となったが,修行の厳しさに堪えかねて道士に転向。道教に心酔していた徽宗信任を得,つねに側近に侍した。徽宗が教主道君皇帝と称し,道観を各地に建て,道士を優遇することとなったのも,そのすすめによる。しかし,林霊素は信任に甘えて横暴なふるまいが多くなったので,徽宗の怒りにふれて故郷に追放せられ,のち楚州(安徽省淮安県)に流されて没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

林霊素の関連キーワード白玉蟾

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android