枯林(読み)こりん

精選版 日本国語大辞典 「枯林」の意味・読み・例文・類語

こ‐りん【枯林】

〘名〙 葉が枯れ落ちた林。枯れ木の林。
花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五「北風雪片を吹き枯林悲声を鳴らすの寒夜と雖ども」 〔杜甫‐遣興詩・其一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「枯林」の読み・字形・画数・意味

【枯林】こりん

冬の林。〔楽府詩集、清商曲辞一、子夜四時歌七十五首、冬歌十七首、三〕鳥、高樹に依り 枯林、悲風鳴く

字通「枯」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android