(読み)がれ

精選版 日本国語大辞典「枯」の解説

がれ【枯】

〘語素〙 (動詞「かれる(枯)」の連用形「かれ」の変化した語。名詞に付く)
① そのもの(こと)のために、草木の類が枯れてしまうこと。また、枯れはてたさま。「冬がれ」「霜がれ」
② 比喩的に、そのものがなくなってしまうこと。また、尽きはてたさま。「資金がれ」「品がれ」

かれ‐・す【枯】

〘自サ変〙 (「かれる」の連用形に、サ変動詞「す」が付いて一語化したもの) 枯れる。
※万葉(8C後)一六・三八五二「鯨魚(いさな)取り海や死にする山や死にする 死ぬれこそ海は潮干て山は枯為礼(かれすレ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android