コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枸杞酒 くこしゅ

1件 の用語解説(枸杞酒の意味・用語解説を検索)

飲み物がわかる辞典の解説

くこしゅ【枸杞酒】


生あるいは乾燥した枸杞の果実を焼酎に漬け込んで熟成させた薬酒。果実とともに葉、茎、根などを漬け込むつくり方もある。強壮効果があるとされる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の枸杞酒の言及

【クコ(枸杞)】より

…いずれもベタインbetaineを含み,強壮薬として葉は枸杞茶に,果実は他の生薬と配合して高血圧,めまい,肝臓疾患,貧血,腰ひざの疼痛(とうつう)などの治療に用い,一方,地骨皮も他の生薬と配合して解熱強壮薬として,咳嗽(がいそう),吐血,多汗などの療法に応用される。果実はまた酒につけて枸杞酒として使われ,不老長寿,強精の効があるという。若葉は香りがよく,ひたしものとしたり,飯にまぜて枸杞飯とする。…

※「枸杞酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

枸杞酒の関連キーワードプラム枸杞枸杞茶地骨皮蜜柑酒山査子ピンクペッパーコプラミールチブサノキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone