コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柞原 ハハソハラ

デジタル大辞泉の解説

ははそ‐はら【×柞原】

柞の多く生えている原。和歌では母の意を含むことが多い。
「母みまかりて…―散りし別れを思ひ出てけふこのもとはいかがしぐるる」〈新続古今哀傷

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ははそはら【柞原】

柞の多く生えた原。 「山科の石田の小野の-/万葉集 1730
母の意にかけて用いる。 「 -ちりし別れを/新続古今 哀傷

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

柞原の関連キーワード大分県大分市上八幡八幡宇佐宮御託宣集大分(市)周東[町]柞原八幡宮土佐光茂宇佐神宮一文人形浜の市豊後国大分市百合若万葉集税所周東悪阻句空

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柞原の関連情報