柳 さく子(読み)ヤナギ サクコ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

柳 さく子
ヤナギ サクコ


職業
女優

本名
畔柳 千代子

生年月日
明治35年 11月3日

出身地
東京市 浅草区(東京都 台東区)

経歴
大正11年松竹蒲田に入社、「不如」でデビュー。12年関東大震災後、抜擢され、13年梅村蓉子と幹部昇進。「踊りの夜」主演、「太尉の娘」に藤野秀夫と組み主演。下加茂所長となった野村芳亭監督らと京都に移り、「元禄女」「雷お新」など主演したが、14年閉鎖で蒲田へ帰り、「村正小町」「八百屋お七」「浪花小唄」など22本すべて重宗務監督作品に主演、しかも女優主演の時代劇であった。また日本舞踊の名手として特別映画も作られた。昭和6年下加茂に転属林長二郎と「十六夜清心」、坂東好太郎と「世直大明神」など共演。やがて母役、老け役に回り、17年退社した。

没年月日
昭和38年 3月20日 (1963年)

伝記
松竹チャンバラ黄金時代 戦前篇―石割平コレクション 石割 平 編・著,円尾 敏郎 編(発行元 ワイズ出版 ’01発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

20世紀日本人名事典の解説

柳 さく子
ヤナギ サクコ

大正・昭和期の女優



生年
明治35(1902)年11月3日

没年
昭和38(1963)年3月20日

出身地
東京市浅草区

本名
畔柳 千代子

経歴
大正11年松竹蒲田入社。「不如婦」でデビュー。12年震災後抜擢され、13年梅村蓉子と幹部昇進。「踊りの夜」主演、「太尉の娘」に藤野秀夫と組み主演。下加茂所長となった野村芳亭監督らと京都に移り、「元禄女」「雷お新」など主演したが、14年閉鎖で蒲田へ帰り、「村正小町」「八百屋お七」「浪花小唄」など22本すべて重宗務監督作品に主演、しかも女優主演の時代劇。また日本舞踊の名手としての特別映画も作られた。昭和6年下加茂に転属、林長二郎と「十六夜清心」、坂東好太郎と「世直大明神」など共演。やがて母役、老け役に回り、17年退社した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android