蒲田(読み)かまた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒲田
かまた

東京都大田南部の地区。旧区名。 JR京浜東北線,東京急行電鉄多摩川線,池上線が接続する蒲田駅付近は繁華街をなす。その周辺は住宅,工場の混在密集地。東方の羽田に東京国際空港がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

蒲田【かまた】

東京都大田区の南部,京浜東北線蒲田駅付近の町名。旧蒲田区は多摩川左岸を占め,かつては畑作地帯,現在は中小工場が密集している。駅は東急多摩川線・池上線の起点でもあり,付近は沿線の住宅地化とともに大田区で最も繁華な商店街として発展。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かまた【蒲田】

東京都大田区南部の商工業地区。旧区名。東端に東京国際空港がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒲田
かまた

東京都大田区の南部、JR京浜東北線の蒲田駅および京浜急行電鉄京急蒲田駅を中心とする地区。かつて蒲田区があったが、1947年(昭和22)大森区と合併し大田区となった。多摩川下流の低湿な三角州上にあることが地名に関係すると思われる。開発は古く、『和名抄(わみょうしょう)』に加万太の名がみえる。蒲田3丁目にある梅屋敷公園は、江戸時代は梅林と和中散(わちゅうさん)とよぶ売薬で知られた。JRの蒲田駅は1904年(明治37)開設、1920年(大正9)駅の南東方に松竹キネマの映画撮影所ができて有名となった(撮影所は1936年神奈川県大船へ移転、のち2000年に閉鎖)。東京急行電鉄東急多摩川線(旧、目蒲(めかま)線)・東急池上線の起終点であって交通に恵まれ、駅前広場、商店街が整備され、城南地区有数の繁華街となっている。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かまた【蒲田】

(蒲(がま)が多かったため名づけられたという) 東京都大田区南部の地名。昭和七年(一九三二)蒲田区が設置されたが、同二二年大森区と合併して大田区となった。梅の名所、梅屋敷公園がある。加万太。鎌田。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蒲田の関連情報