コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太尉 たいいTai-wei; T`ai-wei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太尉
たいい
Tai-wei; T`ai-wei

(1) 中国古代の軍事長官。はこれを三公の一つとし,もその制を踏襲したが,常置の官ではなかった。前漢の武帝のとき,大司馬と改めたが,後漢ではまた太と称した。隋,唐以後も三公の一つとして設置されたが,実権はなくなった。 (2) 軍隊における尉官最上位をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいい【太尉 Tài wèi】

中国の官名。秦・漢初は武官の最高のもの,尉の大なるものの意味であったが,漢の武帝以後は大司馬に変わり,後漢では三公の首におかれた。その後太尉と大司馬は並んで置かれ,北魏では大司馬と大将軍を二大と称し,その下に太尉・司徒・司空の三公が置かれた。隋・唐の三公もこの制をついだが,実権はなく,宋では臣下の三公の首位,皇子の任ぜられる検校官の第2位,北宋末以後は武階官の首位の官名となり,元以後は消滅した。【大庭 脩】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の太尉の言及

【戦争】より

…それは単なる戦術家をこえて,より広い視野から駆引きのできる政治家的資質を要求する。 戦国時代に芽生えた官僚制が秦・漢時代に最初の完成形態に達すると,漢の高祖が,戦場を馳駆(ちく)して百戦百勝の戦果をあげた韓信よりも,後方にいて物資の調達輸送を円滑に行い,後顧の憂いなからしめた蕭何(しようか)を帝国創建の第一の功臣と評価したような方向に進み,国軍総司令としての司馬または太尉は,最高の文官である丞相または司徒の下位に順序づけられる。この傾向は武帝による儒教の国教化によっていっそう明確となり,関羽,張飛のような武将が活躍した次の六朝400年の分裂時代にも,文官官僚層はついに武士階級の形成を許さず,文官優位の方向は,次の科挙制の時代に入って進士の重視が定着した結果,さらに決定的となった。…

※「太尉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太尉の関連キーワード太政大臣(だいじょうだいじん)チャン・カイン『三国志演義』景帝[前漢]太祖[宋]柳 さく子公孫氏政権御史大夫呂氏の乱太政大臣李光弼水滸伝始皇帝司馬炎御史台郭子儀陳朝許劭呂后曹操

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android