コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十六夜清心 イザヨイセイシン

百科事典マイペディアの解説

十六夜清心【いざよいせいしん】

歌舞伎劇。河竹黙阿弥作。1859年初演。本外題《小袖曾我薊色縫(こそでそがあざみのいろぬい)》,別名題《花街模様(さともよう)薊色縫》。極楽寺の僧清心が恋仲の遊女十六夜と心中未遂後,数々の悪事を働く話。
→関連項目世話物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

いざよいせいしん【十六夜清心】

歌舞伎「小袖曽我薊色縫こそでそがあざみのいろぬい」の通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十六夜清心
いざよいせいしん

小袖曾我薊色縫」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十六夜清心
いざよいせいしん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

十六夜清心の関連キーワード小袖曽我薊色縫・小袖曾我薊色縫清元延寿太夫藤岡藤十郎柳 さく子歌舞伎雨催ひ松井誠

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android