柳の髪(読み)ヤナギノカミ

デジタル大辞泉の解説

やなぎ‐の‐かみ【柳の髪】

柳の枝が細く長いのを髪に見立てていう語。
「春風や―をけづるらん緑のまゆも乱るばかりに」〈新千載・春上〉
女性の長く美しい髪を柳の枝にたとえていう語。
「―を何ゆゑに、浮き世恨みて尼が崎」〈・歌念仏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やなぎのかみ【柳の髪】

細い柳の枝を髪に見立てていう語。 春風や-をけづるらん/新千載 春上
髪の長く美しいさまを柳にたとえていう語。 -も徳々と、呼ばれて粋すいの名取川/浄瑠璃・曽根崎心中

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やなぎ【柳】 の 髪(かみ)

の枝の細くしなやかに垂れるさまをに見立てていう。
※新千載(1359)春上・五九「春風や柳のかみをけづるらん緑の眉も乱るばかりに〈亀山院〉」
② 女の髪の長く美しいさまを柳の枝にたとえていう。やなぎがみ。
今昔(1120頃か)一〇「柳の髪は黒き筋も无し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android