コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春風 シュンプウ

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐ぷう【春風】

春の風。春の穏やかな風。はるかぜ。 春》

はる‐かぜ【春風】

春の日に吹く穏やかな風。春の風。しゅんぷう。 春》「―や闘志いだきて丘に立つ/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんぷう【春風】

春吹く風。はるかぜ。

はるかぜ【春風】

春に吹く風。東または南から吹く暖かい風。東風こち。しゅんぷう。 [季] 春。 《 -や闘志抱きて丘に立つ /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

春風の関連キーワード三笑亭 可楽(8代目)春風亭 柳橋(7代目)春風亭 年枝(2代目)春風亭 柳橋(6代目)滝川 鯉かん(3代目)柳亭 芝楽(10代目)桂 三木助(3代目)また又・三匹が斬る!雷門 助六(7代目)痛快!三匹が斬る!茨城県笠間市下市毛続続・三匹が斬る!春風亭柳好(4代)柳家小さん(初代)桂三木助(3世)桂三木助(3代)春風亭小さん目黒のさんま柳家 小ゑん長屋の花見

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春風の関連情報