コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳文朝(初代) やなぎ ぶんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳文朝(初代) やなぎ-ぶんちょう

?-? 江戸時代中期-後期の浮世絵師。
狩野(かのう)派の画をまなんだという。宝暦-寛政(1751-1801)のころ,常磐津(ときわず)正本の表紙,役者絵などをかいた。別号に南竜斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柳文朝(初代)の関連キーワード狩野

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android