柳文朝(2代)(読み)やなぎ ぶんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳文朝(2代) やなぎ-ぶんちょう

?-1820 江戸時代後期の浮世絵師。
初代柳文朝の弟子。江戸尾張町にすむ。錦絵はかかなかったとつたえられ,肉筆画がのこっている。文政3年4月8日死去。別号に南柳斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android